オフィシャルブログ テイルズ オブ 通信

『テイルズ オブ アスタリア』「アヴァロンに眠る輝石」編 の制作小話

 

みなさま、お久し振りです。

『テイルズ オブ アスタリア』の開発ディレクター Uです。

 

今回は、現在配信中の「アヴァロンに眠る輝石」編の企画立ち上げに関する小話をご紹介させていただきます。

 

新章の企画立ち上げ当初、すでに4つのシナリオを配信している中で、運営スタッフ達と色々「ああでもない、こうでもない」と知恵を振り絞りながらアイデアを出していました。

 

「世界規模の問題が起こりすぎると、いい加減ティルグに怒られてしまう……」

「明るい世界観にチャレンジしたい!」

「ワクワクするシナリオを書きたい!!」

 

という作り手としての想いも整理しつつ、アヴァロンの物語のベースを固める事ができました。

 

そして、ここからはお楽しみ?の主人公選定です。

基本方針として、できる限り今まで主人公に選ばれた事のないキャラクターをチョイスしました。

 

▼主人公案1

・エミル(テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-)

・アイゼン(テイルズ オブ ベルセリア)

・アッシュ(テイルズ オブ ジ アビス)

・アリーシャ(テイルズ オブ ゼスティリア)

・シェリア(テイルズ オブ グレイセスf)

 

 

▼主人公案2

・ルカ(テイルズ オブ イノセンスR)

・アイゼン(テイルズ オブ ベルセリア)

・ユーリ(テイルズ オブ ヴェスペリア)

・アリーシャ(テイルズ オブ ゼスティリア)

・パスカル(テイルズ オブ グレイセスf)

 

 

このように、いったん主人公案をしぼり、

ここからが長い戦いのはじまりです。

 

運営スタッフ達の「こうしたら面白いのでは?」という議論が日々行われ、

最終的には主人公案2で行く事が決まりました。

今思うと主人公案1だったらどんな話になっていたのか―――、なんて事も気になったりします。

 

しかし、お気づきかと思いますが、現在の主人公の中にいるロイドは、この段階では主人公として選ばれてはいません。

具体的なプロットを作っていく段階となり、あらためて主人公達をストーリーで膨らませていくと、「どこかアイゼンとユーリは”兄貴的”な存在で似てるよね」って話になり、泣く泣くユーリを主人公から抜く事になりました……

 

実際にシナリオを作っていくと、キャラ自身からセリフが生み出されていく感覚になりますが、どんな会話をするのかが明確になってくることで、キャラ同士の存在位置がかぶってきたりすることも発生します。

 

兄貴肌ではなく、それでいてルカやメンバーに対してポジティブになるキャラクターという目線で、再度主人公案の検討に入りました。

 

そこで、あらためて候補に上がったのがロイドでした。

ただ、「星のカケラ」編で既に主人公として出ているけれど、それでも今回のシナリオにロイドが主人公としてどうしても必要なのか……という議論を慎重に繰り返しました。

 

そういった中で、ロイドがルカや他の主人公達と共に活躍するシーン、クスっとさせてくれる瞬間、仲間に向けられる熱いセリフのアイデアが、運営スタッフの間でどんどん浮かんできました。

ロイドがこのアヴァロンという世界に加わる事で、内気な主人公のルカを後押しする存在、サポートできる存在として、このシナリオに面白さが増していくのを運営スタッフ全員が確信し、ロイドの主人公入りが確定しました。

 

このように、冷静にキャラの特性と広がり、そして何よりも物語の展開をより面白く、より深めてくれるキャラクターや、このキャラクターを皆さんにもっと知って欲しいといった運営スタッフ達の熱い想いなどが選定の決め手となります。

 

『テイルズ オブ』シリーズには、そういったことを実現してくれるキャラクターがたくさんいるので、本当にこの主人公選定は楽しくもあり、また難しい作業でもあります。

 

このように紆余曲折を経て、主人公達は決まります。

 

ちなみに、運営スタッフの中に野球好きな人がいまして、先日スタッフのみんなと「『テイルズ オブ』のキャラでベストナインを組んだらどうなる?」というネタで大盛りあがりしました。

 

「キャッチャーは、ベテランキャッチャーでささやき戦法のレイヴンでしょう!」

「いやいや、浅いな……!自分だったら……!」などなど

 

たくさんの魅力と個性を持ったキャラがいる『テイルズ オブ』だからこそ、バリエーションも豊富でまったく話が尽きませんでした。

 

皆さんのベストナインはいかがでしょうか?

良ければ教えてくださいね!

 

おまけとして、アスタリア3周年で実施したリアルイベント「極級感謝祭」での『教えて運営コーナー』にて、「各章の主人公はどうやって決めたの?」という質問にお答えした事がありましたが、この時はあえてスタッフの熱い思いを文字量でアピールしようという、悪ノリ的な形でお伝えしてしまっておりましたので、あらためてここで公開させて頂きます。

 

―――――――――――――――――――――――――――

アスタリアはオールスター作品ということもあり、「幅広い年齢層のお客様に楽しんでいただけるストーリーを作りたい」と考えています。

・・・というところで、「主人公はそれぞれ違ったシリーズから選出」、「古~新シリーズなど、極力偏りが出ないように」などを意識した選出を心がけています。

その他、ストーリーのテーマも主人公選出に大きく影響していると言えます。

例えば「星のカケラ」編の場合だと、生まれた国や立場・目的も異なる主人公達が、星のカケラを通じて一堂に会する「交わる想い、運命の交差」というテーマから、「それぞれの個性の違い」というところを強く意識した結果、現主人公の6人が選出されました。

また、主人公ではないですが、「光と闇の救世主」編でのカノンノ・イアハートは、お客様を感動させたい、というシナリオ考案時からの強い想いの果てに、登場が決定したキャラクターとなります。

他にも、「結晶の大地と導きの光」編のメイン主人公としてスレイが抜擢された背景には、「『テイルズ オブ』シリーズの最新作であるテイルズ オブ ゼスティリアを、いち早くお客様に知って頂きたい!という制作側の想いがあったりと・・・色んな考えや想いの元、毎回主人公選定を行っています!

―――――――――――――――――――――――――――

 

今回のこの記事をきっかけに「アヴァロンに眠る輝石」編に限らず、過去に配信したシナリオも改めて読んでいただけると幸いです。

 

今後とも『テイルズ オブ アスタリア』をよろしくお願いいたします!

 

『テイルズ オブ アスタリア』 開発ディレクターU

 

36+

「アイドルマスター SideM」×「テイルズ オブ アスタリア」第2弾コラボ開催御礼!

 

皆さんこんにちは、「テイルズ オブ アスタリア」プロデューサーの小林です。

 

現在、「アイドルマスター SideM」との第2弾コラボが絶賛開催中ですが、皆さんお楽しみいただけていますでしょうか。

 

 

今回のコラボに際しては、「アイドルマスター SideM」チームスタッフの多大なる協力と、このコラボを楽しみにしていただいていた皆さんの声のおかげで無事、開催にこぎつけることができました。

この場をお借りしまして、あらためて御礼申し上げます!

 

バンダイナムコエンターテインメントのアプリ同士という事もあり、両タイトルがより密に、こだわりぬいた要素がちりばめられております。

とても魅力的なコラボになったのではないかと自負しておりますので、「アイドルマスター SideM」からお越しいただいた皆さんもぜひ、このコラボをお楽しみください!

 

実は今回・・・・・!

コラボ記念企画の投票イベントでは残念ながら1位を逃した敵キャラたちのアイドルイラストを、イラスト制作スタッフが描き下ろしてくれました!

こちら当初の予定にはなかったのですが、皆さんがこの「アイドルマスター SideM」コラボ投票企画を大いに盛り上げてくださっている様子を拝見し、これは感謝の想いを伝えなければ!

ということで、サプライズを用意させていただきました。

 

つねに高品質なイラストを目指している立場上、このラフさで公開していいのでしょうか・・・

という制作スタッフからの声もあったのですが、十分に感謝の想いが伝わるイラストになっているのではないかと判断し、公開させていただく事にしました。

・・・と、そうこういっているうちに、ラフだったはずのイラストにセリフが加えられたりと、各キャラの個性が表現されてきました!

塗りなど一部ラフな部分もありますが、そこは制作スタッフのタッチを垣間見られるものとしてお楽しみいただければ幸いです。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

誰がアイドルになっていたとしても、その魅力を十分に発揮したであろうことが想像できるイラストだったかと思います!

『敵だけど選ばれてアイドル』へ投票いただいた皆さんに、アスタリア運営からの感謝の想いが少しでも伝わったとしたらうれしく思います。

 

最後に、この投票企画で1位となったオスカーについてふれておきたいと思います。

今回、コラボクエストや召喚に登場するキャラを選定したうえで、さらに皆さんと一緒にこのコラボを盛りあげられたら!という想いがありました。

そこでコラボキャンペーン用に展開させていただくキャラクターを、皆さんに選んでいただこうという趣旨で投票企画の実施に至りました。

 

運営側としては、今回のコラボの性質上、ビジュアル的な目線で盛り上げていけたらという想いが強く、アイドル衣装をまとったオスカーを魅力的に描いたうえで、皆さんにお届けするという方針で進めておりました。

 

 

アイドル衣装のオスカーが仲間になることを喜んでいただいた一方で、絆・覚醒を心待ちにしてくださった方にとっては、もの足りないものになってしまった事実もあるかと思います。

今回の件については、皆さんからいただいたご意見の数々を真摯に受け止めて、これからのアスタリア運営に必ず活かしていきたいと考えておりますので、今後ともなにとぞよろしくお願い致します。

 

さて、「アイドルマスター SideM」のほうでも、コラボイベント「Side of ASTERIA ~天を射る矢と風舞う約束~」が開始されましたので、ぜひお楽しみください!

 

「テイルズ オブ アスタリア」 プロデューサー 小林

 

 

<追伸>

 

前回、テイチャンブログで公開したギャンブラー衣装デザインにつきましては、皆さんから非常に大きな反響をいただきました!

誠にありがとうございます。

 

皆さんからの「アスタリアの衣装デザインをもっと見たい!」とのご要望にお応えするには、どのような形でお見せするのがよいか検討しておりますので、今しばらくお待ちいただけますと幸いです。

 

 

 

100+

『テイルズ オブ』のアーティスト達による圧巻のライブ! バンダイナムコエンターテインメントフェスティバルが開催されました!

 

本日、10月19日に開催されたバンダイナムコエンターテインメントフェスティバルDAY1にご来場いただきました、『テイルズ オブ』シリーズファンの皆さん、ご来場いただきまして、誠にありがとうございました!

 

タイトルの垣根を超えたエンターテインメントライブ、いかがでしたでしょうか?

それではここで、Day1の会場の様子をお届けいたします!

 

DAY1のMCは、「THE IDOLM@STER SideM」にご出演の中村宗悟さんと…

テイルズといえばこの人!

「テイルズ オブ シンフォニア」 ゼロス・ワイルダー役の、小野坂昌也さんでした!

バンダイナムコエンターテインメントフェスティバルを軽快なトークで盛り上げてくれました!

 

DAY1には『テイルズ オブ』シリーズから4アーティストが出演しました!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めに登場したのは、、、

「テイルズ オブ ベルセリア」のテーマソング「BURN」

「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」の第一期OP主題歌「風の唄」と、第二期ED主題歌「INNOSENSE」を担当した、、、

「FLOW」さん!

圧巻のライブパフォーマンスで、会場が大きな歓声に包まれました!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

続いてご登場したのは、、、

「テイルズ オブ レジェンディア」のテーマソング「TAO」

「テイルズ オブ アスタリア~星のカケラ~」のテーマソング「believe in you」を担当した、、、

「Do As Infinity」さん!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そして、今年のテイフェスにもご出演頂いた「BONNE PINK」さんは「テイルズ オブ ヴェスペリア」テーマソングの「鐘を鳴らして」

「テイルズ オブ アスタリア~結晶の大地と導きの光~」テーマソングの「We Belong」を披露してくださいました!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ライブもいよいよ終盤に差し掛かり、、、

『テイルズ オブ』シリーズからは、ラストアーティストの「Every Little Thing」さんがご登場されました!

今年で15周年を迎える「テイルズ オブ リバース」のテーマソング「good night」を披露してくださいました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『テイルズ オブ』シリーズからは本フェスのDAY2の参加はありませんが、DAY2にご参加される皆様は、是非明日もお楽しみくださいね!

 

また、10月20日はパシフィコ横浜・国立大ホールにて「テイルズ オブ オーケストラコンサート 2019~BRASS BAND EDITION~」も開催いたします!

今週末は『テイルズ オブ』シリーズの楽曲をアーティストライブ、オーケストラで楽しみましょう!

皆さん是非お越しくださいね♪

 

イベント担当S

 

©いのまたむつみ  ©藤島康介  ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

 

36+
前へ≪1 2 
2020年4月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

記事検索

過去の記事

PAGE TOP