オフィシャルブログ

検索

「ザ レイズ×アスタリア合同イベント」プロデューサー対談

ザ レイズ × アスタリアの合同イベントが終了し、

あらためてプロデューサー同士が対談(雑談?)ベースで振り返りを行いました。

 

今回はその模様をお伝えします!

 

■池野P(統括プロデューサー)

まずは、合同イベントお疲れ様でした。

 

□小林P

お疲れ様でした!

アスタリアの運営会社が変わるという状況の中で、予定通り合同イベントが開催できるか・・・という不安もありましたが実施出来てほっとしました。

 

■池野P

アスタリアの運営継続に向けて関係各所にかなりのご尽力を頂きましたが、想定よりも早く体制を整える事が出来た事が大きかったですよね。

移行中に大きなトラブルは出なかったとはいえ、その間も遊んでくださっていたユーザーの皆さま、ならびに体制移行にご協力いただいた皆さまに改めて感謝申し上げます。

 

□小林P

はい。応援してくださるユーザーの想いや、関係各所の皆さまとアスタリアの運営体制を再構築していく中で、あらためて『テイルズ オブ』シリーズがつなぐ”絆”を感じました。

 

■池野P

かなり大変な状況ではありましたが、結果的にシリーズの関係者がより一丸となれる機会にはなったのではないかなと思いました。

雨降って地固まる、のような。

アスタリアの運営体制も整ったという事で、これからますます盛り上げていけるといいですね!

 

さて、あらためて合同イベントについて話をしましょうか。

ザ レイズとアスタリアは、お互い長い間運営を続けていますが、ここまで合同イベントは実現しませんでしたね。

 

□小林P

アスタリアはオリジナルキャラが存在しているわけではないので、ザ レイズとの見え方としてちゃんと成立するのかを身構えてしまう所もあったのですが、今回の合同イベントでユーザーから反響を頂いた事で、アスタリアが取り組んでいるifの設定も含めてちゃんと浸透しているのだという事を再認識する事が出来ました。

 

■池野P

自分としては両タイトルの世界観はありつつも、マイソロやリンクのようなクロスオーバータイトルも分け隔てなく扱う、シリーズ集合体の作品をザ レイズで目指していましたから、なぜやらせてくれないの?とはずっと思っていました。

実際ファンミーティングでは毎回要望をいただくほどユーザーに望まれていることは肌で感じておりましたし、アスタリアとの取り組みは何時でもウェルカムだったので、実は果報は寝て待てって感じでした(笑)

 

□小林P

お待たせする事になってしまいすいません・・・

結果、実施出来て本当に良かったです!

 

■池野P

合同イベントを終えてみて、お互いに施策内容として良かった点、見直すべき点などもありましたが、それぞれのタイトルが持つ魅力をユーザーの皆さまにも再認識して頂く機会にはなったのではと思います。

 

□小林P

そうですね。

あと、今回は同じシリーズを扱う運営同士のやり取りも、それぞれのスタンスを感じられて楽しかったですね。

アスタリアのほうは、どちらかというと施策案を絞って検討するスタンスなのですが、ザ レイズチームは、ディスカッションで盛り上がったアイデアをフレキシブルに拾っていくという印象を受けました。

 

■池野P

それは間違いなく栁澤制作Pのスタンスですね!

 

□小林P

両タイトルでのミッション達成連動について、施策タイトルどうしましょう・・・となったのですが、栁澤制作Pから「お互いのジャンル名を混ぜると、一体感がでていんじゃない?」という声があがりまして、そこから一気にスタッフ間で調整が走りタイトル案が確定しました。

 

「交差する想いと真実の強さをつなげようキャンペーン」

 

ザ レイズチームやるなあ、と思いました。

 

■池野P

アイデアを出すのは簡単なのですが、それを形にするのには結構な馬力がいるので、ザ レイズの運営メンバーは日々頑張ってくれていると思います(笑)

 

□小林P

アスタリアも負けていられないなと、あらためて良い刺激を頂きました。

 

■池野P

アスタリアは、最近キャラクターイラストの評判がよいように思います。

今回の合同イベントの召喚イラストもとてもよかったですよね。

 

□小林P

アスタリアのイラストの強みとしては、長期運営という中でも監修スタッフがほぼ変わらず対応出来ている事で、キャラクターを魅力的に見せる監修目線の経験則を確実に得られているという事もあるかと思います。

今回は同じシリーズを扱っている同士という事で、より密に突き詰める事が出来ましたのでザ レイズのキャラクターを魅力的に描き切れたのではと思います。

 

■池野P

ザ レイズ側の魔鏡イラストもとても評判がよかったですよ。

制作スタッフの頑張りも当然ありましたが、アスタリア側との監修対応もスムーズだったと聞いています。

 

□小林P

魔鏡イラストよかったですよねえ。

アスタリアチームからも、シナリオシーンを再現してもらえて嬉しかった、という声が上がっていました。

 

■池野P

お互いがそれぞれで魅力に感じていたコンテンツを出し合い、魅力を生み出して今回の合同イベントで表現できたのが一番の価値かもしれませんね。

 

□小林P

あと、今回の合同イベントのタイミングで、アスタリア唯一のオリジナルキャラクターとなるオリエをボイス付きで登場させるのが裏目的でもあったので、無事に公開出来てよかったです(笑)

 

■池野P

オリエちゃん、かわいいですよね。CV候補を小林さんから伺った時がつい先日のような気もしますが、今後どんな形で展開していくのか自分も楽しみに見守っています。

ザ レイズとアスタリアとの合同イベントも、今回の一度きりで終わるものではないと思いますので、またユーザーの皆さまに喜んでもらえるものになるよう、検討していけたらいいですね。

 

□小林P

はい、その通りだと思います。

今回のザ レイズとの合同イベントにより、アスタリアとしてはますますシリーズのコンテンツとの連動施策には力を入れたいと考えておりまして、例えば「テイルズ オブ リンク」との施策なども検討できないかと思ったりしています。

 

■池野P

おおっ、まさかの発表! 果報は寝て待て、第2弾(笑)
ザ レイズではすでに登場していますが、アスタリアではまだ登場していなかったんでしたよね。ぜひぜひ前向きに検討してみてくださいね。

 

□小林P

はい。アスタリアは長寿アプリとなっていますが、アスタリアの特徴を生かした形でまだまだ出来る事はたくさんあると思っていますので、ユーザーの皆さまも期待して頂ければと思います!

 

■池野P

心強い言葉ですね。

自分もザ レイズのプロデューサーだけでなく、アプリの統括プロデューサーという立場になり全体を取りまとめていく中で、全体が盛り上がっていけるように取り組んで行きたいと思っております。

協力は惜しみませんので、お互い頑張っていきましょう!

 

□小林P

新しい体制により、より一体感を持っていけそうですね!

今後も一緒に盛り上げていきたいと考えておりますので、何卒よろしくお願い致します!

 

 

一覧へ戻る