オフィシャルブログ テイルズ オブ 通信

「テイルズ オブ ザ レイズ」気になるあれやこれランキングにしてみた

 

こんにちは。

『TALES OF THE RAYS』の制作プロデューサー栁澤です。

 

テイチャン+のブログを書かせて頂くのは今回で2回目です!

そして、気付いてしまいました。

 

ほかのみなさんが毎回新情報を面白い記事にして書いていますが、自分は毎月制作プロデューサーからのお知らせという名目で『TALES OF THE RAYS』の新情報を発信させて頂いているので、同じ新情報ネタが使えないのです。

(本来なら3周年が近いのでその話題を…と言うところなのですが、情報解禁がまだだったり、来月のお知らせのネタが無くなってしまったり…。)

 

そこで今回、頭をひねって企画を考えてみました。

題して「TALES OF THE RAYS 気になるあれやこれランキングにしてみた!」

 

普段、ほのぼの運営しているように見えますが、その裏ではみなさんのプレイした莫大なデータを収集し、日々の運営に反映し、活用させて頂いております。

 

普段は裏側でチームを支えてくれているデータマイスター達から様々なデータを頂いて、分かりやすくランキング形式にしてみました!

絵面は地味です。数字の羅列です。

もしかしたら全く面白くないかもしれません。

覚悟してください。

 

でも、こういうデータから見えてくる傾向を簡単に解説させて頂きつつ、普段はきちんと仕事しています!アピールをさせて頂ければと思います!

それでは早速、見ていきましょう!

 

■設定されている称号ランキング

見やすくするとこんな感じです。

1位 真実の強さを追う者              作品:テイルズ オブ ザ レイズ

2位 正義を貫き通す者                  作品:テイルズ オブ ヴェスペリア

3位 夢の共演                               作品:コラボ共通

4位 選択が未来を紡ぐ者              作品:テイルズ オブ エクシリア2

5位 生まれた意味を知る者           作品:テイルズ オブ ジ アビス

6位 エレンピオスの銃剣槌士       作品:テイルズ オブ エクシリア2

 

ランキングだけ見ると、”真実の強さを追う者”が一番ですが、この称号が比較的取りやすく、獲得の手間も考えると一番多いのは” 正義を貫き通す者”という見方も出来ます。

また、全体的にランクインしているのは、キャラ固有称号ではなく作品共通の称号(6位だけが唯一のキャラ称号ですね。)という点を考慮すると、称号に関しては特定のキャラ称号よりも作品全体を連想させる称号を付けたいと思っている人が多い、という仮説が立ちます!

 

それでは、お次です。

 

■ルームに設定されているキャラクターランキング

初見は、ミリーナ様!すごい!ですが、罠があります。

イクスとミリーナはデフォルト設定キャラなので、ルーム設定を弄ってない人もカウントされています。

ただ、それを考慮した時に面白いのが、イクスとミリーナの差ですね。

同じデフォルト設定だけど、イクスはミリーナに比べると少し早めに設定から外されているのが分かります。

(でも、成長したイクスを見てまたルームに呼び戻した人も多い事でしょう!)

 

また、二人を除いたときに圧倒的多数になるのがユーリさんです。

さすが殿堂入りです。

 

ゴッドイーターキャラのアリサが他のコラボキャラに比べても多いのは、集計した期間にちょうど先日復刻したコラボイベントが入っているからだと思われます。

 

という具合に、その時に実施しているイベントなんかでも、データは変わったり、変わらなかったり、切り取る角度を変えるだけで見え方が全く変わるのがデータの面白い所です。

次は、二つまとめてです。

 

■ウィスティリア使用されているキャラ ランキング

 

■始祖久遠の塔で編成されているキャラ ランキング

年明けに実装されたウィスティリアの使用率も調べてみました!

そして、やはりここでも強いユーリさん!さすが殿堂いry・・・

個人的に面白いなと思ったのはラピードです。

初期に仲間になるから…という見方も出来ますが、もしかしたらみなさん、ラピードがどうやってウィスを遊ぶのかも興味があったのかもしれません。

 

始祖久遠の塔は、ルームやウィスティリアに比べると比較的、戦闘を効率よく回すという観点からも選出されているように思えます。

そのため、全体攻撃が強いリタ、エステルが上位に入ってきています。

そしてまたも上位常連のユーリさんがry・・・。

ただ、そんなユーリさんに迫るのがベルベットです。性能、人気共に高いスペックが伺えます。

 

次で最後です。最後はかめにんショップの売り上げをかめにんから提供してもらいました!

 

■かめにんショップ 売上ランキング

かめにんショップはプリズムを消費するだけに、実利が優先されているように思えます。

そのため、ガシャでは入手できないキャラのかめにんショップ限定キャラ達の装備の入手の利用がメインになりつつ、その時の開催しているイベントのキャラの装備を獲得する傾向がみられます。

ダークかめにんの装備すら商売のネタにしてしまうかめにんは、やはり商売人なんだなと再認識です。

 

即興企画「TALES OF THE RAYS 気になるあれやこれランキングにしてみた!」

いかがでしたでしょうか!最初に予告した通り、画像がとても地味になってしまいました…。ので、

各ランキング上位に居続けるユーリさんのカッコいい画像を貼っておきます!

※ちなみに今回のデータはこの記事用に分かりやすく特定期間や特定条件で切り出したものなので、運営方針の決定に使っているデータというわけではないのでご了承ください!

 

 

リンク3周年時に描き下ろされたユーリです。ザ レイズも3周年ということで!

 

とても地味ですが、こういったデータの蓄積で、『TALES OF THE RAYS』は日々、改善を行っています!

そして、それを支えてくれているスタッフにも感謝です!

 

ちなみに、3周年の期間中に、次期開発の参考にさせて頂くためのユーザーアンケートを実施させていただく予定です。

こういった数字のデータだけではなく、みなさんのご要望やご意見も『TALES OF THE RAYS』が成長していくために必要な大切なデータです。

ぜひ、今後『TALES OF THE RAYS』をより楽しくしていくためにご協力していただけると嬉しいです。

 

それでは、3周年!楽しみにしていてください!

 

引き続き『TALES OF THE RAYS』をよろしくお願い致します。

 

『TALES OF THE RAYS』制作プロデューサー 栁澤 峻

 

90+

『テイルズ オブ ザ レイズ』1000日なので言えること

皆さまこんにちは。

『テイルズ オブ ザ レイズ』プロデューサーの池野です。

 

「ザ レイズ」1000日記念キャンペーンが始まりましたね。

幕間アニメ付き記念クエストからガシャ最大100回無料、強化素材付きのキャラ1人プレゼントなど豪華キャンペーンを多数実施しました。

(既に止めてしまった方、まだ始めていない方、沢山アイテムがもらえる今が始めるチャンスですよー)

 

1000日……長いような短いような。

今日時点でプレイアブル実装されているキャラクターは136人になり、実施した期間限定イベントは67回になりました。

ここまでサービスを続ける事ができたのもゲームを楽しんでくださる皆さまの支えのおかげです。ありがとうございます。

正直3周年は大丈夫か!?と震えるほどの豪華キャンペーンなのですが、ここはユーザーの皆さまに感謝還元したいので、3周年もっと頑張るから!と言い聞かせて実施させていただいてます。

 

今回何を書こうかなと思案したのですが、1000日…と過去を振り返る良い機会なのでタイトルに込めた想いを、当時の制作エピソードも交えつつお伝えしたいと思います。

(新情報は先日発表した12月14日(土)20:30~配信予定の「テイルズ探偵団~アプリ最新情報を調査せよ!~」でしっかりお伝えします!)

 

 

忘れもしない4年前の12月15日、シリーズの誕生日に行われたIPラインナップ発表会で本タイトルを初公開しました。

「20周年も兼ねる注目イベントで発表しないわけにはいかない!」との一心で、イクスのカラーイラストも完成していないのに…今では良き思い出です。

 

 

そして「テイルズ オブ ザ レイズ」というタイトルに込めた想い。

世界観でもある光やそれを反射する鏡はもちろん、その光のように「真直ぐ」「強く」主人公のイクスとヒロインのミリーナに進んでいって欲しいという想いを込めて、百以上も出した候補から選びました。

(物語を進めると分かることも掛け合わせている!?)

 

タイトルロゴも同じくたくさんの候補があったのですが、込めたい想いがベストに表現されたデザインのものを選んでいます。

 

 

 

1000日も経ってイクスとミリーナは随分と逞しく成長しましたね。

先日実施した期間限定イベントでレジェンディアのノーマからニックネームで呼ばれた時は、先輩キャラから仲間として認めてもらえたんだ…と感慨深くなってしまい、思わずスクショしてしまいました。

(いやいや自信持ってくださいよ!って言われそうですが、先輩方が逞しすぎて本当に初めは不安でした)

 

もう1つ。『テイルズ オブ』では非常に重要なキャッチコピーやジャンル名。

第1部では「その嘘を真実にするために生きると決めた」「真実の強さを追うRPG」という形なのですが、ここにもイクスたちの信念があり、そして本作の要素でもある原作記憶を持つ歴代キャラクターすなわち原作世界で旅を通して逞しく成長した歴代先輩方から学び、イクスたちも背中を追うように強く…といった想いが入っています。

 

制作・宣伝スタッフ4人で夜中まで、社内の電気を消された暗闇の中でもキャッチコピーやジャンル名の考案に頭を悩ませていた日がつい先日のように思い出されます。

(電気はすぐに点けてもらいました)

 

本作では主人公の成長物語に加え歴代キャラの成長の再認識もテーマに、今の今でも一貫して制作を進めていますが、作品から何かを新しくあるいは再び感じとっていただけていたなら、これ以上の喜びはありません。

 

 

最後に、もうすぐお届け出来る…と思う第1部フルボイス化。

この機会に第1部のシナリオに加筆・校正を行いました。

リリースの際には是非、イクスやミリーナたちのより深く描かれた心情や真直ぐ進んでいく姿を、ボイスONで楽しんでください。

 

 

 

▼おまけ

オープニングアニメ第1部だけWEB公開しているのもアレなので、1000日を振り返るのにも良いですし、2部と3部のアニメも公開しました。

 

【第1部】

 

【第2部】

 

【第3部】

 

それでは今回はこの辺で。

 

『テイルズ オブ ザ レイズ』プロデューサー 池野泰広

 

103+

「テイルズ オブ ザ レイズ」の近況+α

 

皆さま、こんにちは!

「テイルズ オブ ザ レイズ」のアシスタントプロデューサーをやっております、松葉と申します。

普段こういった形で表に出ることはないのですが、折角頂いた機会ということで今回のブログで色々とお話できればと思います。

 

「ザ レイズ」では毎月上旬に参戦キャラクターPVを公開しておりますが、みなさまご覧いただいていますでしょうか?

PV担当で内容の構成をさせてもらっているのですが、毎月お届けしたい情報が盛りだくさんでして、混乱させていたらごめんなさい!

私自身、参戦キャラクターのボイスやBGMを聞いていると原作のシーンがぶわっとフラッシュバックしてきて、色々と妄想しながら楽しんでいたりします。

 

お届けしている情報の数々は、「ザ レイズ」の新規イラストや魔鏡技の演出を見て頂きたい!という思いから、制作チームにも協力(わがままも言いつつ)してもらい、構成しています。

たまに変則的な演出をぶっこませて頂いておりますが、最後まで気をつけてご覧ください!

 

Twitterなどでも多くの反応を頂き、制作チーム一同で皆さまの反応を拝見しながら、一緒になって盛り上がっています!

もし、「今まで見ていなかった」という方がいらっしゃいましたら、来月から是非ご覧頂き、一緒に盛り上がれたらと思っております。

ちなみに今月のものはこちらになっておりますので、是非ご覧ください!


そして、、、

お知らせ等でもお伝えしておりますが「ザ レイズ」が11月25日をもって、配信から1000日を迎えます。

ここまで「ザ レイズ」が続けてこられたのも、皆さまの支えがあってこそです!

本当にありがとうございます!

今回はなんと、その1000日記念のロゴが完成しましたので、こちらで先行公開です!

いかがでしょうか!?

この輝きに相応しい超豪華な施策を準備中ですので、情報公開をお楽しみに!

(結局何も言えずごめんなさい・・・)

 

 

さらに、、、

今回はメインシナリオ1部フルボイス化の状況についてもお届けできればと思います。

リリース2周年記念の生放送で発表してからお時間頂いており、申し訳ございません・・・。

ただしお待たせしている分、納得頂ける内容となっております!

1部の台本がこちらになるのですが、見てください!

3冊あわせて1105ページと大ボリュームです!

また、先日にはミリーナ役の照井さんの第1部フルボイス収録に立ち会わせて頂きました。

生収録のミリーナの演技に酔いしれていたのですが、皆さまにも少しでも雰囲気をお伝えできればと思い、照井さんにお写真の公開をご相談したところ、快くOKを頂きましたので、今回は特別に公開させて頂きます!

なかなか収録現場で写真を撮らせてもらうことは無いので、貴重な一枚です!

 

今回のフルボイス化にあわせ、台本にも加筆・校正しておりますので、新しくなった「1部」をお楽しみ頂ける点にも要注目です!以前にも増してキャラクターの描写がより深くなっているので、新しい台本を読む手が止まらなくなりました。

収録はリアルタイムで進行中ですので、もう少しお待ちいただければと思います。

 

 

週末はいよいよ「バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル」と「テイルズ オブ オーケストラコンサート」ですね!

両方とも楽しみです!

是非、現地で一緒に盛り上がれたらと思っております。

「ザ レイズ」ではオーケストライベントを絶賛実施中ですが、バンナムフェスのキャンペーンも行いますのでお楽しみに!

 

それでは皆さま、引き続き「テイルズ オブ ザ レイズ」をどうぞよろしくお願いいたします。

 

「テイルズ オブ ザ レイズ」アシスタントプロデューサー   松葉

 

 

80+
前へ≪1 2 
2020年4月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

記事検索

過去の記事

PAGE TOP