オフィシャルブログ

検索

「テイルズ オブ ザ レイズ ラスト クレイドル」編 タイアップ楽曲スタッフ対談【後編】

テイルズチャンネル+ブログをご覧の皆さま、こんばんは!

昨日に引き続き、「テイルズ オブ ザ レイズ」の広報担当です。

 

「ラスト クレイドル」編オープニングタイアップスタッフ対談の前編、いかがでしたでしょうか?

前編はこちらからご覧いただけます。

 

前編では主にタイアップのきっかけや想いをお届けしましたが、後編ではアニメと楽曲の関係について語っています。

 

それではさっそく、対談後編です。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

 

左から木村 憲一郎氏(エイベックス・エンタテインメント)、山下 一政氏(エイベックス・エンタテインメント)、栁澤 峻制作プロデューサー(バンダイナムコスタジオ)、池野 泰広プロデューサー(バンダイナムコエンターテインメント)

 

――楽曲を含め、オープニングアニメができあがるまで、どのような工程で制作をしていくのですか?

池野:プロデューサーによってやり方はそれぞれだと思いますが、自分はネタバレにあまり踏み込みたくないのと、アーティストさんには「神のセンス」というものがあるので、シナリオや設定を丸投げするような細かい情報提供はしないんです。曲で伝えたいテーマやどうしても入れて欲しいワードを自分で要約して、あえて情報をかいつまんでお渡しします、大体A4用紙2枚くらいですね。

栁澤:そうしてからデモ曲をいただいて、「この音のところでこんな感じの盛り上がりかな」とイメージして字コンテ※をつくって、アニメ制作のWIT STUDIOさんにお渡しします。

(※字コンテ:全体コンセプトや、シーンごとに登場キャラ、キャラの動きのイメージを指定するもの)

 

――へぇ!じゃあ歌詞の内容もアニメに反映されてるってことですか?

池野:そうですね。こちらの要望というよりはアニメ監督がこだわりたい!と言ってくださることが多いので、歌詞は出来る限りデモ曲の時に作っていただいて、他にもこちらから情報提供できるものはアニメ制作チームにお伝えするようにしてます。

木村:でも、こちらも歌詞の世界観で映像もガラッとかわってしまうから…どこまであわせるべきなのか…悩むんです。

合わせすぎる(?)とネタバレになるし(!?)「まもりたい、まもられてる」とか・・・

一同:笑

 

 

――歌詞を書き起こしていただくにあたって、どのような内容をお渡ししたんですか?

池野:シナリオの要約と一緒に、世界観のキーワードを数個お伝えしました。

1~3部で各アーティストさんが共通して入れてくださったワードがあるので、踏襲して、共通キーワードとしてお渡ししたりしましたね。

共通ワードは「鏡」「真実」「嘘」 4部ならではのワードが1つあるのですがネタバレになるので伏せておきます。

山下:いただいたキーワードって、それぞれ広い意味を持つと思っていまして。狭い視野でなく、幅広い理解、聴く人によって曲のイメージが変わるような出来にしたいと思ってました。

加えて、今のBoAが表現できるメッセージ…「くじけない」とか「前向き」とか、そういう要素も足したい想いがありました。

池野:ありがたいです。そうやって考えてくださってできたものを聴くと「こういうふうに料理してくれたんだ!?」と狙ってないリンクが生まれて、お客様それぞれの想像の幅があるものができるんだと思います。

 

――クリエイター同士の想いが重なって生まれていくものがあるんでしょうね。

山下:クリエイティブって相乗効果だと思います。与えられた材料だったりテーマにこちらがどれだけのせられ、膨らませられるか。そしてそれを受け取った相手がどう活かしていくか…それを今回WIT STUDIOさんともご一緒にできたのが光栄です。

木村:僕らあまり感覚がないんですよ、なんで半年前に楽曲納品するのか。でもやってみて、そういうことね!と納得しました。これだけのアニメつくるなら時間がかかるなと!

山下:一目みて、「曲のことこんなに考えてくださってるんだ」って分かりました。

単に「楽曲納品しました。じゃあこの15秒使いますね。映像はつまんでこれです。」みたいなつくりでなく、ここまでこだわってアニメと音楽が気持ちよく組み合わさっているものができたのは、クリエイティブに携わる人間としてとても嬉しかったです。

池野:曲ができて、歌詞ができて、アニメができて…そしてこれからアプリのなかで順々にシナリオが入っていく。

「I believe」があるからこそのシナリオになっていくと思います。シナリオ原作の実弥島さん、開発スタッフともに「ザ レイズ」に携わるメンバーは、特に「すでにあるクリエイティブを超えようとしていく」メンバーなので。

なので、開発メンバーは「I believe」を聴いてプレッシャー受けてると思います笑

これから「ザ レイズ」でどのように「I believe」が深みを増していくか…ご期待ください!

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

 

オープニングアニメはこちらのYouTubeからご覧いただけます。

もちろんアプリからもご覧いただけますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

 

対談の内容はいかがでしたでしょうか…?

皆さまにお届けする前の工程や想いが少しでも伝われば嬉しく思います。これからもスタッフ一同お客様により良いものをお届けしたい想いを変わらず持ち、タイトルに向き合っていきたいと思います。

引き続き、「ザ レイズ」をよろしくお願いいたします!

 

なお、BoA「I believe」はCD、配信にて発売中です。

ご購入はこちらから!

 

「ザ レイズ」広報担当

 

一覧へ戻る