オフィシャルブログ

検索

「テイルズ オブ ザ レイズ」同じ空の下でラストクレイドル

 

皆さまこんばんは。

「テイルズ オブ ザ レイズ」プロデューサーの池野です。

 

前回執筆が昨年の初冬だったことを考えると、月並みですがこの数か月の間に随分とたくさんのことがあったなと思います。

幸いながらこの状況下でも大きな影響なく運営を続けられているのは、スタッフ各自の頑張りと何よりも支えてくださる皆さまのおかげなのですが、今まで隣合って仕事をしていた当たり前がなくなったことの戸惑いは少なからずあったように思います。

 

ただお互いが見えない中だからこそ、相手の気持ちをより考えて行動できるようになったと思いますし、「同じ空の下にはアイツがいる。だから俺も頑張ろう…!」と少し青臭い、スタンやカイルが言いそうな感覚も覚えました。

 

 

そのような中で制作を進めているメインシナリオの第4部「ラスト クレイドル編」ですが、7月に放送した「テイフェス2020オルタナティブ」で発表させていただきました。

 

以下の動画の、1:44:10あたりから「ザ レイズ」の情報発表コーナーです。

 

ロイドとミトスのフルボイス和解、からの椎名さんの新テーマBGMに乗せた第4部の紹介の流れは何度見ても鳥肌が立ちますね。

 

今回のBGM制作を椎名さんにお願いした際、演奏収録時は是非生で立ち会ってその凄さを実感して欲しい、とお願いされました。

実際はコロナ禍だったため立ち合いは叶わなかったのですが、代わりに収録模様を現場から動画にして送っていただくという神対応がありました。

(たぶん夜中だったか、こんな時間までお疲れ様です!と思いながら、キャーキャーと語彙力のない反応を返していました)

 

たとえ離れていても、同じ空の下で生み出された楽曲やシナリオ、そして未だ発表していないテーマソング、オープニングアニメーション…と素晴らしい物が第4部に向けて生み出されようとしています。

リリースがもう少し近づいた頃に何かしらの形で続報をお届け出来たらと考えているので期待してお待ちください!

 

発表済のキービジュアルや新テーマBGMなどは公式サイトで公開しているので、まだの方は是非ご覧ください。

公式サイト:https://torays.tales-ch.jp/04/

 

 

そして前回ブログで裏話を書いたキャッチコピーは「全てが嘘でもその真実と共に生きると決めた」となり、ジャンル名は「真実の強さと歩むRPG」となりました。

これまでと共通するワードや構成は踏襲しつつ、その中でも毎回少し工夫したり、同じワードでも違った意味を持たせたりしています。

3周年生配信でイクスとミリーナの旅路に一区切りを、とお伝えしました。

その区切りにふさわしいコピーであり、区切りがあってもこれからもイクスとミリーナと歩んでいく作品である、ということはお約束します。

(という気持ちも入ったジャンル名ですね!)

 

リリースまで色々と妄想いただければ嬉しいです。

 

 

 

また、制作プロデューサーからのお知らせvol.42でお伝えした通り、これまでプレオープンだったユニゾン・アタックが長き機能改善を経て…ようやく正式版となります。

 

大変お待たせしました。

 

その正式版第1回目のラインナップは、開催延期となった6月のテイフェス2020に参加予定だった一部キャラになります。

(想像するだけでマルチプレイの賑やかさとテイフェスの賑やかさが重なるイメージが浮かびますね!)

 

開催に先駆けて、司会3名のバッジイラストを紹介いたします。

ユニゾン・アタックもぜひ期待してお待ちください!

(今後は例外もあるかもしれませんが、隔週くらいで開催できたらと考えております)

 

それでは今回はこの辺で。

 

「テイルズ オブ ザ レイズ」プロデューサー 池野泰広

 

 

一覧へ戻る