オフィシャルブログ テイルズ オブ 通信

『テイルズ オブ』の楽曲も!バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル開催記念「メモリアルグッズ」発売決定!

 

皆さまこんにちは。イベント担当です。

 

以前、Twitter等でも本イベントの開催をお報せさせていただきましたが、2019年10月19日・20日に開催された「バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル」のメモリアルグッズの発売が決定しました!

『テイルズ オブ』シリーズからも「FLOW」さん、「Do As Infinity」さん、「BONNE PINK」さん、「Every Little Thing」さんが出演された、本イベントのメモリアルグッズをぜひチェックしてくださいね!

 

(1) NON-STOP MIX CD

バンダイナムコエンターテインメントフェスティバルの開催を記念して、作品の垣根を超えた奇跡のノンストップミックスCDが発売決定!!

MIX CDとは、DJが楽曲を繋いで最後まで音が途切れることがなく、ノンストップで楽しめるCDのことです。

いつも聴いている楽曲の新しい楽しみ方が出来るかも!?

DAY1:https://shop.asobistore.jp/products/detail/147177-00-00-00

 

DAY2:https://shop.asobistore.jp/products/detail/147178-00-00-00

 

『テイルズ オブ』シリーズの楽曲はDAY1に収録される予定となっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

(2)公式メモリアルブックレット

バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル2日間のセットリスト、ご出演者総勢101人からのコメントや、当日のライブ写真などが盛りだくさんのメモリアルブックレットです!

https://shop.asobistore.jp/products/detail/147176-00-00-00

 

 

(3)Blu-ray

イベントの模様を収録した「バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル Blu-ray (仮)」の発売が決定!

発売日等の詳細は今後、バンダイナムコエンターテインメントフェスティバルの公式サイトやTwitterでお伝えしますので楽しみにしていてくださいね!

公式サイト:https://fes.bn-ent.net

公式Twitter:https://twitter.com/bnefestival

 

 

メモリアルグッズ3商品は、バンダイナムコエンターテインメント公式エンタメコマースサイト、「アソビストア」での発売となります。

特設サイトも公開していますのでチェックしてください!

https://shop.asobistore.jp/feature/bnefes_memorial

 

 

さて、今回はお報せが中心となってしまいましたが、今後も様々な形で『テイルズ オブ』イベントの開催を検討しておりますし、これからも本ブログやTwitter等を通じて、イベントやゲームの制作秘話、裏話をお届けしていきたいと考えています。

 

来年25周年を迎える、今後の『テイルズ オブ』イベントの展開をお楽しみに!

 

―――――――――――――――――――――――――――

※生産上限数を超えた場合は予約期間内でも受付を終了する場合がございます。

※画像は開発中のものです。製品と多少異なる場合があります。

※生産の都合上、お届け日の変更がある場合もございます。

※本アイテムは受注終了後、アソビストアまたはそれ以外の店舗などでの再販を行う場合があります。予めご了承ください。

※MIX CDに収録される楽曲はワンコーラスを中心にノンストップミックスとなっております。

※MIX CDはLIVE音源ではございません。あらかじめご了承ください。

※MIX CDはバンダイナムコエンターテインメントフェスティバルのセットリスト通りではございません。

※MIX CDの収録楽曲は後日公開となります。

 

―――――――――――――――――――――――――――

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

©窪岡俊之 ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

©いのまたむつみ ©藤島康介 ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO

©サンライズ・バンダイビジュアル

©創通・サンライズ

©SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design ©2006-2017 CLAMP・ST

©2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

 

 

19+

『テイルズ オブ』シリーズ舞台公演第3弾 「テイルズ オブ ザ ステージ –光と影の正義-」を開催!

 

『テイルズ オブ』シリーズの24周年記念日である12月15日(日)に、「テイルズ オブ ヴェスペリア」を題材にした舞台「テイルズ オブ ザ ステージ –光と影の正義-」が無事に千秋楽を迎えました。

多くのファンの皆様にお越しいただき、改めてお礼申し上げます。

誠にありがとうございました!

 

「テイルズ オブ ザ ステージ」について簡単に説明させていただくと、『テイルズ オブ』シリーズの舞台公演で、俳優陣によるダンスやアクロバットを取り入れたエンターテインメントショーに特化した舞台です。

 

1作目は、シリーズ10周年記念作品「テイルズ オブ ジ アビス」を題材にした「テイルズ オブ ザ ステージ - 最後の預言(ラストスコア) -」

2作目は、「テイルズ オブ ザ ステージ –ローレライの力を継ぐ者-」と題して、前作の主人公ルークと瓜二つな青年、アッシュに焦点を当てた物語を描き、謎に包まれた彼の物語が話題となりました。

 

 

そして3作目となる今回は、シリーズ屈指の人気タイトル「テイルズ オブ ヴェスペリア」の世界観を題材に、公演に挑みました!

公演初日の12/5(木)のゲネプロでは、報道関係者による囲み取材が実施され、キャスト陣それぞれが公演への意気込みを語り、舞台巡業がスタートしました。

 

舞台は12月5日~12月15日までの期間で全15公演行い、回を重ねるごとにキャストの演技も研ぎ澄まされ、目の前にリアルな「ヴェスペリア」のキャラクターが存在するような、躍動感のある舞台になりました!

キャスト自身もゲーム本編をプレイして、世界観やキャラクター達をよく理解した上で本作を演じていることが、舞台を見ていただいた方には伝わっているのではないかと思います!

 

 

また、演出面でも『ゲームの舞台化』を意識したつくりを心がけています!

 

舞台の開幕はゲームのスタート画面の演出を取り入れ、テーマソングのダンスシーンも今回も健在!

前作、前々作からの伝統のダンスですが、舞台上をキャストが縦横無尽に駆け巡り、各キャラの関係性が垣間見える演出になっております。

一度目は全体を俯瞰してみつつ、2度目からは、「今日はこのキャラを見よう」など、視点を変えて見ていただくと、より楽しめる演出になっていたかもしれません。

『テイルズ オブ』シリーズといえば欠かせないのが戦闘シーン!

戦闘シーンの演出では、殺陣だけではなく、ダンスやアクロバットで迫力のあるバトルシーンを演出し、プロジェクトマッピングを駆使した攻撃演出(秘奥義や術技の演出など)も行いました。

また、キャラクターの見せ場では、キャラクターカラーを意識したライティング演出を行うなど、こだわりポイントが詰まっています。

もちろん、キャストだけではなく、制作陣もテイルズ愛にあふれたメンバーで構成されているので、まるで本当にゲームの世界を体感しているような、舞台を超えたエンターテインメントショーとして新たな体験の提供を目指しています。

 

 

ぷちネタとして、より公演が魅力的になるような「日替わり演出」も取り入れていましたが、皆様お気づきになられたでしょうか??

例えば、リタが初登場するシーンではリタの部屋の装飾として、前作の「テイルズ オブ ジ アビス」の舞台で制作したキャスト衣装が日替わりで展示されておりました!

公演中のとあるシーンでユーリ、フレン、エステルが昔話をするシーンがありますが、そこで毎回ユーリとフレンが口喧嘩をする演出が入っております。

その掛け合いの内容が日によって変わったり、エステルも巻き込まれたり(笑)

こうしたキャストのアドリブが入ったシーンも、舞台ならではの演出として随所に盛り込んでおり、「何度見ても飽きない構成」を目指し、演出に工夫を凝らしていました。

 

 

また、公演の前説では、カロル、リタ、レイヴンの3人が会場を盛り上げてくれました!

舞台がより楽しめるように「テイルズ オブ ヴェスペリア」の基本用語の説明やペンライト演出が今回あったので、ペンライトの使い方の注意などを楽しく伝えてくれました!

12/12(木)公演からは、リタがメモを忘れて説明できないというハプニング演出も入り、ジュディスが加えた4人で会場を盛り上げてくれました。

 

そして千秋楽を迎えた12/15(日)は、『テイルズ オブ』シリーズの24歳のお誕生日でした!

15日のキャスト登壇トークイベントの最後にスペシャルな誕生日ケーキが登場!

キャストの皆様、観覧客の皆様と一緒にバーステーソングを合唱しお祝いしました!

一緒に記念日をお祝いできてスタッフ一同も感無量でした!

 

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
そしてもちろん、「テイルズ オブ ザ ステージ」の会場でもケーキでお祝いしましたよ!

 

大千秋楽では、スタンディングオベーションをいただきまして、さらにカーテンコールも4回いただき、大盛況のうちに幕を閉じました。

今後も『テイルズ オブ』シリーズを通して多くの感動をお伝えできるようなイベントを制作していく予定ですので、応援の程、よろしくお願いいたします!

 

©藤島康介  ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

 

35+

『テイルズ オブ ザ レイズ』1000日なので言えること

皆さまこんにちは。

『テイルズ オブ ザ レイズ』プロデューサーの池野です。

 

「ザ レイズ」1000日記念キャンペーンが始まりましたね。

幕間アニメ付き記念クエストからガシャ最大100回無料、強化素材付きのキャラ1人プレゼントなど豪華キャンペーンを多数実施しました。

(既に止めてしまった方、まだ始めていない方、沢山アイテムがもらえる今が始めるチャンスですよー)

 

1000日……長いような短いような。

今日時点でプレイアブル実装されているキャラクターは136人になり、実施した期間限定イベントは67回になりました。

ここまでサービスを続ける事ができたのもゲームを楽しんでくださる皆さまの支えのおかげです。ありがとうございます。

正直3周年は大丈夫か!?と震えるほどの豪華キャンペーンなのですが、ここはユーザーの皆さまに感謝還元したいので、3周年もっと頑張るから!と言い聞かせて実施させていただいてます。

 

今回何を書こうかなと思案したのですが、1000日…と過去を振り返る良い機会なのでタイトルに込めた想いを、当時の制作エピソードも交えつつお伝えしたいと思います。

(新情報は先日発表した12月14日(土)20:30~配信予定の「テイルズ探偵団~アプリ最新情報を調査せよ!~」でしっかりお伝えします!)

 

 

忘れもしない4年前の12月15日、シリーズの誕生日に行われたIPラインナップ発表会で本タイトルを初公開しました。

「20周年も兼ねる注目イベントで発表しないわけにはいかない!」との一心で、イクスのカラーイラストも完成していないのに…今では良き思い出です。

 

 

そして「テイルズ オブ ザ レイズ」というタイトルに込めた想い。

世界観でもある光やそれを反射する鏡はもちろん、その光のように「真直ぐ」「強く」主人公のイクスとヒロインのミリーナに進んでいって欲しいという想いを込めて、百以上も出した候補から選びました。

(物語を進めると分かることも掛け合わせている!?)

 

タイトルロゴも同じくたくさんの候補があったのですが、込めたい想いがベストに表現されたデザインのものを選んでいます。

 

 

 

1000日も経ってイクスとミリーナは随分と逞しく成長しましたね。

先日実施した期間限定イベントでレジェンディアのノーマからニックネームで呼ばれた時は、先輩キャラから仲間として認めてもらえたんだ…と感慨深くなってしまい、思わずスクショしてしまいました。

(いやいや自信持ってくださいよ!って言われそうですが、先輩方が逞しすぎて本当に初めは不安でした)

 

もう1つ。『テイルズ オブ』では非常に重要なキャッチコピーやジャンル名。

第1部では「その嘘を真実にするために生きると決めた」「真実の強さを追うRPG」という形なのですが、ここにもイクスたちの信念があり、そして本作の要素でもある原作記憶を持つ歴代キャラクターすなわち原作世界で旅を通して逞しく成長した歴代先輩方から学び、イクスたちも背中を追うように強く…といった想いが入っています。

 

制作・宣伝スタッフ4人で夜中まで、社内の電気を消された暗闇の中でもキャッチコピーやジャンル名の考案に頭を悩ませていた日がつい先日のように思い出されます。

(電気はすぐに点けてもらいました)

 

本作では主人公の成長物語に加え歴代キャラの成長の再認識もテーマに、今の今でも一貫して制作を進めていますが、作品から何かを新しくあるいは再び感じとっていただけていたなら、これ以上の喜びはありません。

 

 

最後に、もうすぐお届け出来る…と思う第1部フルボイス化。

この機会に第1部のシナリオに加筆・校正を行いました。

リリースの際には是非、イクスやミリーナたちのより深く描かれた心情や真直ぐ進んでいく姿を、ボイスONで楽しんでください。

 

 

 

▼おまけ

オープニングアニメ第1部だけWEB公開しているのもアレなので、1000日を振り返るのにも良いですし、2部と3部のアニメも公開しました。

 

【第1部】

 

【第2部】

 

【第3部】

 

それでは今回はこの辺で。

 

『テイルズ オブ ザ レイズ』プロデューサー 池野泰広

 

101+
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

記事検索

過去の記事

PAGE TOP